忍者ブログ
こちらは㈱トミーウォーカーのPBWゲーム「シルバーレイン」のパーソナルキャラクター・魔弾術士ミシェル=ローデリック(とプレイヤー)の日記です。  ◆コメント歓迎します♪◆  2006.12.24設置
[227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大いなる災いは撃破することが出来ました。
護りたい場所を護ることが出来てよかったです。
ただ…途中ゴーストチェイサーさんたちの悲惨な最後があったので、ちょっと辛くて哀しかったです。
あれが呪いの作用ならどうしようもなかったのでしょうか…。
せめて生き残った人たちの呪いは解くことができないんでしょうか。
何か方法があると良いなあ…。

そして今回はちょっとポジションの評価が低めでした。
評価の中で発言率の問題があったんですけど、なかなか発言が厳しい人間はポジションにいないほうがいいってことなのかなあとか考えたりします。
ポジションが活発になるのはだいたいリアイベ前の平日です。
そして評価締め切りは土曜の朝だったりします。
その間に活発に動くのは、学生さんや社会人を背後に持つ人にはなかなか厳しいです。
どんなに頑張ってもせいぜい期間中に2~3発言できるかどうかです。
帰ってから動けば…と思っても、くたくたで回らない頭でたくさん出ている意見に全部目を通すのはちょっと無理です。
やってみても全然頭に入らないというか、目を回しそうになります。
あまり頭もよくないので、ショートしそうになってきます。
そんなわけですっかりポジションを見に行くのが億劫になってしまいました。
だめだめです。
評価に出てた「まとめが出来て居ないこと」にすら気が付いてませんでした…。
うーん何をどう書いても言い訳にしかなりませんねー。
そもそも他の人に依存しきっているあたり、とてもふがいないです。だめっ子この上ないです。
そんなわけで人数に対して多くの割合の活発な発言を望むのであれば、ぼくのような発言率が低い人間は参加しないほうがいいのかなあって感じました。
かえって参加しているほうが申し訳ないですしねー。
足を引っ張るだけにしかならないなら、次回のリアイベからはポジション参加はやめておこうっと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
リアイベ
まずは、お疲れ様。
ゴーストチェイサーの皆さんは…リプレイ、見るに耐えなかったよね…。
呪いについては使用した時間分だったはずだから、あとは運命の糸が残った皆さんをこれから良い方向に導いてくれると信じよう?
また出会うことがあれば、きっとそれはゴーストチェイサーの皆さんが望んでのことだと思うからね。

ポジションの発言は人数も多くなるから、把握するのが大変だよね…(笑
ま、評価後の参加でも皆のためになるんだから、それでいいと思うよ。
クリューナ 2009/02/11(Wed)15:45:06 編集
ありがとうです!
クリュさんもおつかれさまですー。
ゴーストチェイサーさんたちの依頼が出てきましたよね。
はい、良い方に向かうって信じるです!

さらに難しい問題を考えながらなので、なかなか大変です…。<ポジション
そですよね、やっぱ最初から参加はしない方が良いですよね。
ミシェル 2009/02/12(Thu)09:06:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
時計です
素敵時計を見つけたのでお借りしてきました。
ロゴ部分で作者さまのページに飛べます♪
ミシェルっぽいもの
マクパペットで作りました♪
おてがみ
ミシェルにおてがみが届きます
Powered by SHINOBI.JP
最新コメント
[03/26 ミシェル]
[03/26 クリューナ]
[02/24 ミシェル]
[01/04 ミシェル]
[01/03 クリューナ]
プロフィール
HN:
ミシェル=ローデリック
年齢:
21
性別:
男性
誕生日:
1995/12/24
職業:
中学生・魔弾術士・シルフィード(バイト)
趣味:
読書・ゲーム
自己紹介:
両親が多忙な家で家庭教師の元勉強したりして過ごしていましたが、とあるきっかけで銀誓館学園に入ることになりました。
そんなミシェルももう高校生。
最初は小学生で途方にくれてたけれど、今では楽しい学校生活・そして能力者としての戦いに自分の存在意義を見出しています。
最新トラックバック
店番
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]